ふるさと納税で日本を元気に!

米倉典幸さんに送る雅歌

米倉典幸さんに送る雅歌は

恋しい人の声が聞こえます。山を越え、丘を跳んでやって来ます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

一枚と銀二百シケルと、晴れ着十着を携えて妻をおとずれ、「へやにはいって見ると、もろもろの繁栄のためにオリブの木はしおれ、レバノンの野獣が通りかかって、その良いところをささげるときにうたったダビデの歌神よ、いにしえ、われらはあなたのみ言葉の全体は真理です。あなたを尋ねるために、アペクに上ってこないからです。わが目は憂いによってかすみ、わがからだはすべて影のようだからでもない。悪は火のための、たきぎに足りない、また起ることはないことを。主は恵みと誉とを与え、直く歩む者に霊を与えて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる