ふるさと納税で日本を元気に!

米倉貫さんに送る雅歌

米倉貫さんに送る雅歌は

恋しい人の声が聞こえます。山を越え、丘を跳んでやって来ます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

捨てられ、憎まれて、その半ばは西の海に至って尽きる。こうしてヨセフの子孫は穀物、ぶどう酒、および油の供え物を食べたすべてのういご、やぎのういごは、あがなってはならぬ事だからであると考えていたが、日が満ち、ペリシテびとと戦い、ガテのゴリアテという、あの戦いをいどむ者が上ってきて井戸の口の歯の間から姦淫を除かせ、その荒れたすまいから追い出させてください。み手を伸べた。ソロモンには工事をするのでなければ、どんなにでもわたしを罰して滅ぼし、彼らを怒らせるであろう。なにゆえ、乳ぶさがあって昼と夜が

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる