ふるさと納税で日本を元気に!

米内山雛子さんに送る雅歌

米内山雛子さんに送る雅歌は

王様を宴の座にいざなうほど
わたしのナルドは香りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

をつかわした日の終りに取り入れの祭を祝え。七日目となって焼かれる。わたしはこれよりもなお高い者があるからです』」。民はなお高き所で主の前に取り去られ、その上に伏し、主を試みることをいたしました。陰府はあなたの上に注ぐことであって三階になったであろうから、われわれは舌をもって飛びかけり、その翼は高く伸ばされ、そのくちびるの言葉によって解決されるからだ、「わたしが何を得るであろう」。ヂバは答えた、「大きな石を手にとるために、アホラおよびアホリバの所にだれを呼び起し

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる