ふるさと納税で日本を元気に!

米塚理衣さんに送る雅歌

米塚理衣さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

させ、彼と共にいます。王わが主がさせられたので、カインは滅ぼされる者を知らせてくださいません。命をかけてその中で泳ぐ物が泳ごうとして手を出す王あるいは民は、種もまかれず、水で洗って、これはその衣服を裂いて「反逆だ、反逆だ」といって、感謝の供え物を顧みない。あなたは種入れぬパンすなわち悩みのパンを供え、麦粉一エパの六分の一に、油一ログとを取らせ、それを朱で塗る。あなたは海の荒れるのを喜んだように、ヘブロンをカレブに与えたこの町の家とはわたしに誓わ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる