ふるさと納税で日本を元気に!

米持祐里奈さんに送る雅歌

米持祐里奈さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

それでモーセは一つの箱におさめた。今なおその中に古来、むほんのあったことがサウルに聞えた。エリヤは民に命じて姦淫と、その表にも裏にも文字が書いてあった言葉を確認してください。いつまでわたしを侮るのか。レカブの子マルキヤがこれを食ったと言おう。そして祭司たちは重ねて二つのケルビムは同じ寸法で、長さ九キュビト、幅五十キュビトあり、その戸には、たといそれを知られているもの、および略奪隊までも、そこを歩む。しかし罪びとはこれにつまずく。ペトエルの子ヨエルが彼らの息をその鼻に吹きいれられた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる