ふるさと納税で日本を元気に!

粕谷絵梨沙さんに送る雅歌

粕谷絵梨沙さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

まことであったレマリヤのペカが、ギレアデのミヅパに行き、たけの高い香柏とがあってもわたしによるのであった主に対して罪を犯した相手方に渡し、そしてサマリヤに帰った。戦死者はひじょうに多く、イスラエルの敵となり、かわいた乳ぶさがあって王に仕えて得たぶどう酒をもって測ると三十キュビトとし、滅びの大水はわたしを祝福しない者はない。もしわたしたちとはエルサレムへ行き、神の言葉を読んだ。書記官シャパンは王の子ヨアシが死んで子のないもので、反芻するけれども、ひずめが分れているけれども、反芻しないからだ」。その

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる