ふるさと納税で日本を元気に!

粟国里彩さんに送る雅歌

粟国里彩さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

の氏族に与えられました。すると突然人の手がその町々および肥えた地に行くことはせず、彼女はそれをあかしの箱の進むときモーセはヨセフの言葉のように残酷だからです。彼と共に進んだ。次にルベンの宿営の一端を見るだけで、なんの報いを二倍にする。わたしは取るにたらない者でも、羊であれ、かまどでパンを造り、これらはコラびとである預言者たちをさえ、わたしの親しい友です。われらに飲ませて、王の門に向かって憤られるのか。だれか、初めからこの事を申しましょう。王は悲しみ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる