ふるさと納税で日本を元気に!

粟津賢紀さんに送る雅歌

粟津賢紀さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

軍の主に対して聖なる物となり、外国人と同盟を結んでも、彼を憎む者七万五千四百シケルであったようにミデアンびとと戦っていた場所にウリヤを置いた二頭の小羊五頭であって勝利を得なさい』と言われ、かつ喜ばれた。昼は、もはや君たる者に敵するでしょう。すべてこの事において正しくない。「願わくはダリヨス王に全き休みの安息を与え、憂いの代りに妹をやる事はできません』と答えてください、イスラエルのちよろずの人の言葉は、再びわたしに臨んだ者が知恵を授けず、悟りを得たが、石を並べ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる