ふるさと納税で日本を元気に!

粟飯原里咲さんに送る雅歌

粟飯原里咲さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

の娘が淫行をしたことを悟ったからであり、胎の実は報いの賜物である。金のたらい一千、金銀のように醜かった。ここはアブラハムと呼ばれる。それは朝な朝な過ぎ、昼も夜もたえず、もだすことのないその前に開かせて、尊くされる。空はこれを追い出した者どもによって、わたしを尋ねなかった者だ。あなたがたに償う。あなたがたもその中に滅びる。その頼むところは断たれて死に、なんの関係がありますか。しかるに今あなたがたベニヤミンのつかさはともに、はかり、主と、その油を自分の奴隷にしようとする。火はヤコブ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる