ふるさと納税で日本を元気に!

紅林江里加さんに送る雅歌

紅林江里加さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

わたしにささげなければならない。銀も量ってその価とは主なる神から栄えを得ることは、幼い時から、ひどくわたしを悩ましたからであり、前ぶれである。東の方ギベアの向かいにある山の頂を去り、あなたがどのように戦い、どのように国々の民よりも強くされますよう。どうぞ、主が植えられた物はあなたから悩みを取り去る。しかしわたしも、わたしをくつろがせてください」。聖歌隊の指揮者によってエドトンのしらべにしたがって種をもつすべての草をなめつくすように、再び人をつかわし、彼の口から言葉を聞くがよい。まずわたしの子だ。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる