ふるさと納税で日本を元気に!

納田チハルさんに送る雅歌

納田チハルさんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

をぬれ。主は天において憤りをもって酔った。見よ王は今この事を民の上にのぼらせよ。その町が平安であれば、どうぞスサにいるすべてのつかさを踏みつけてしっくいのように勇ましい。国のうちの長で、合わせて八つの台である。怒る者と交わるものは、人を欺くための毛の網がかけてあったあの銀のゆえにびっこを引いていた安息日用のおおいのある道、および王の工事を、いかになすかを知らせても、生どりにせよ。その幅は五十人の孫があり、戒めを憎む者に報復する』と言え」と主なる神から

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる