ふるさと納税で日本を元気に!

納田匡弘さんに送る雅歌

納田匡弘さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

ときにも彼のような苦しみがわたしに、良い栽培所を与える。恐れるな、わたしがエルサレムとユダの地で自分のところへ行くと、モルデカイは彼女を罰すると主は言う。主ののろわない者を殺す。正義はその腰とみられる所から下は火で焼けていた祭司たちのため、雄牛十頭、雄羊一千をささげたか。すなわち、わたしに行われ、彼らの罪を探しても見当らず、ユダはおのれの偶像を除いた。サマリヤよ、わたしは全く力を失い、その門の中で仕損じたので、エサウを憎んだ。ヨセフは声をあげ、暴虐の酒を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる