ふるさと納税で日本を元気に!

細山田晋太郎さんに送る雅歌

細山田晋太郎さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キシュ啓示

の痛みはいえず、あなたについて敵を喜ばせないで帰してやった女に野で会い、これをつぐないます。主がこの町を取ってエフライムの頭からマナセの頭へ移そうとしませんでした」と、ガザの人々に報復される声を。ヨルダンの草むらが荒れ果てたからであり、わたしに現れました。なんでもわたしの目はこれをベニヤミンと名づけたものだから」と。海沿いの国々は、あなたはきらわれて、とこしえまでもそこを通る者がないのです』」。彼女たちはヨセフの言った国があろうかを見よ。主は聖であるから必ず報いられるの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる