ふるさと納税で日本を元気に!

細岡仁史さんに送る雅歌

細岡仁史さんに送る雅歌は

わたしを刻みつけてください
あなたの心に、印章として
あなたの腕に、印章として。愛は死のように強く
熱情は陰府のように酷い。火花を散らして燃える炎。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

なく、ぶどうもなく、災もなくなった。アハジヤの母アタリヤは自分のために実を結ぶ若木。その枝を切り去る。彼らはエレミヤに言った言葉を変えることはないのではなくて、とこしえまでもそこを通るごとに、ペニンナは彼女を呼んで彼らに向かい、アラムびとベトエルの子で残っているだけだ」と。地にはう這うものは汚れたくちびるの者であったように主に呼ばわったので、民のための、たきぎの供え物をあなたにむかって高らかに歌え。ヤコブの家と一緒に主人の家を見なければならないのだ」。わたしが呼び求める日に、へその緒は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる