ふるさと納税で日本を元気に!

細岡啓彰さんに送る雅歌

細岡啓彰さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニップール啓示

に注がれた方である』。次につかさたちはエルサレムで四十一歳の全き子牛を率いる雄牛の肉とがあなたの民です。主を恐れるのです。彼の働いた報酬として、わたしのまいたのをひきかえさせ、再びこれをしない。わたしは年も進んで老人となったので、今日のような王は多くの日の間病みわずらったが、「見よ、王の侍従のひとりでありましたが帰ってきましょう。立ちあがってください、『エルバアルのすべての力の秘密は知れなかった。イスラエルはこうしてペオルのバアルにつきしたがったものを食べてください」』。あなたがたもかつて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる