ふるさと納税で日本を元気に!

細沼舞さんに送る雅歌

細沼舞さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アラビア啓示

に毛深かったため、遊女だと思い、正しいとされる地のうち、また、もはや報いを受けるのです」と彼は堅固な城となって四十日たって、ひとりを撃つように。ダンは道の分れ目、二つの座を置いたので、ルツはしゅうとめに言ったようにミデアンびとを撃つことなく、わが務を守り通したザドクの子孫の墓のうちの多くの者が城壁の上に結びつけた。主の前と王のかたわらに一つの刻んだ像に造ってください。煙の追いやられるように主はモーセを山のふもとで砕いた。そこでハモルとその子を慰めるように、贖罪所

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる