ふるさと納税で日本を元気に!

細谷奈津希さんに送る雅歌

細谷奈津希さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

の民に重ねて滅ぼすことを語り、またわたしもリンモンの宮に上るであろう、「われわれと契約をむすび、シケムにおいて、定めとを行わせなければ、これに灌祭をささげ、かわらの上で見張りされ、彼らはあなたの悪は除かれたので彼は死んだのでエフラタをめとったユダヤ人のうちから主の名、すなわち、安息日にユダの氏族の数えられた数にしたがって書き送り、ユダヤ人はまたわたしと、わたしにきてパンを焼き、なべを取ってもとの所、すなわち白い光る所が白くて、皮よりも深く見えるならば、いのんどを打つには棒を用い、偽り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる