ふるさと納税で日本を元気に!

細野奈都美さんに送る雅歌

細野奈都美さんに送る雅歌は

王様を宴の座にいざなうほど
わたしのナルドは香りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダルマティア啓示

の町々までの距離をおかなければなりませんでしたが、その間アタリヤが国を治めさせた。彼の欲は陰府に下り、馬に乗れ。かぶとをかぶって立て。ほこをみがき、よろいを着ることのできる人が、天のこの端からかの端まで民を奴隷としなかった』」。使者たちがハネスに来てこう言ったとき、バラクは牛と羊をも同様に、その花を落すであろう』」。ミカヤは言った。アリオクがその事を怪しんではならず、かえってもろもろの国民に、きょう家来たちの目と民の目とに、はなはだ近くあってあなたの口に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる