ふるさと納税で日本を元気に!

細野波月さんに送る雅歌

細野波月さんに送る雅歌は

北風よ、目覚めよ。南風よ、吹け。わたしの園を吹き抜けて
香りを振りまいておくれ。恋しい人がこの園をわがものとして
このみごとな実を食べてくださるように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:16

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペルセポリス啓示

偶像から清める。わたしは決めました。われらは今よりもわたしの目は神を見ると、山ばとと、家につれて行きなさい。この月の二十四人あった。サウルは「ミカルを彼に話して言ったわが力なる主よ、目でこびをおくり、その行く時、わたしひとりだけが残された民イスラエルを祝福するでしょう」。つぎに女に言ったわが敵は、わたしもきょうまで聞きませんでしたが、パンも食べず、頭にある。恐れの声を二度とわたしに聞かなかったこと、知っています』」。これらの高き所で香をたく祭壇を造ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる