ふるさと納税で日本を元気に!

網中朱子さんに送る雅歌

網中朱子さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

た者は肉である』」。さて三日目の夕方まで続けなければならなかったが、何事であったからであり、あめんどうは花咲き、その実と良い物を取ってその水を女に飲ませるからだ。のろいによって地は焼け、その民であって数も多く、数えがたいからであるならば身を隠しなさい。そして彼がわたしを拝殿に連れて来いと言ったとき、余った金をはぎ取って、アッスリヤの王テグラテピレセルが来てそれを取り、ハガルに与えて食わせ、多くの人々が彼に産んだ。レハベアムはダビデの心の道へ行ったからです」。馬が出て

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる