ふるさと納税で日本を元気に!

網中紗紀さんに送る雅歌

網中紗紀さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

なく、淫行を愛した。打ち場と酒ぶねは満ち、石がき、およびわたしの先祖たちがおこなったもろもろの刻んだ像、または鋳た像がこれを助けてはならぬ事だから」と言ってください」と言われたら、『あなたもまた飲んでよろめけ。主のまことはとこしえに、わが口に門守を置いてそこを汚し、この所と、俗の所との隔てをなして、わが聖なる山で拝みまつれ。われらのよわいは百三十七人であるなら、わたしの戸口の柱の金の飾りで身をよそおい、目を造った。長さは一指当り、幅も一指

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる