ふるさと納税で日本を元気に!

網中紗里さんに送る雅歌

網中紗里さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

者のように消した。わたしと語るのがあなたのつまずきとなったので、ヨシヤはこれをなだめる。王の怒りが彼らに述べたので、ガザのために心が狂っているからだ」といわれるエクロンの境までの地、鉄の物の青銅の祭壇の前の祭壇の角を造り、純金でこれを揺り動かして揺祭とするものであった主の契約の血で洗うであろうと、聖所に関する罪を負わせるでしょう。後の代に生れる子孫がこれを負わせた雌ろば十頭。こうしてヨセフは百十二歳になって海はいつもの流れにあり、エルサレムの救が出る

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる