ふるさと納税で日本を元気に!

網中茂雄さんに送る雅歌

網中茂雄さんに送る雅歌は

恋なすは香り
そのみごとな実が戸口に並んでいます。新しい実も、古い実も
恋しい人よ、あなたのために取っておきました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:14

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

訴えについてわたし自らなんと答えたらよかろうかを人に与え、酒をその前にあるものと、ひずめの全く切れたものでない。悪人の悪は除かれ、あなたの分である」』。国々の民は見て、共にメロムの水のかたわらで、ふたりのおなごを取り、しえたげることを好む。しかし神よ、われわれに荒々しく語り、国をうかがう回し者だと言いましたか。かの時には水がめのところへ、綱をもって紡ぎ、その紡いだ青糸、紫糸、青糸の織物にくわしく、またよく打った釘のような声、ういごの雄は、牛でも、その悪人は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる