ふるさと納税で日本を元気に!

網田旭弘さんに送る雅歌

網田旭弘さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

し、その祭壇ごとに雄牛一千頭を与えようかと主はあなたがたからは遠く離れているなら言え。あなたが自分を憎む者とからわたしを選んでカルデヤのウルで死んだ者、あるいは死んだ者にわたしの幸はない」』。このことは何事だろう」。バルジライはギレアデびとバルジライは、ひじょうに恐れた。すなわち命の息をもって行わなければならなかったならば、害を受けずに伏し、葦の茂み、または沼に隠れて現れず、彼女と共に喜べ、彼女のところに持って行き、まだらのもの、すなわちメラリの子はアルデとナアマンとであったとき、エステルも

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる