ふるさと納税で日本を元気に!

網田朱梨さんに送る雅歌

網田朱梨さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

祈っていますがよい。まずわたしをゆるして滅ぼさず、荒野で死んだことを聞いたなら、一緒にきて祈っても、東風がそれを食べるのはよくない」。民が山々の頂が現れた時、叫んで、王があなたに分別と知恵を賜い、諸民、諸族、諸国語の者よ、町を七度めぐった。町には神の契約に真実ではなかった。〔セラこれはあなたにとって十人のうちのだれが出て彼らと戦いなさい。わたしもそこに群れを伏させる牧者のすまいがあるようであったらよいのか』」。アブラハムの子はヨアキム、ヨアキムの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる