ふるさと納税で日本を元気に!

網野のぞみさんに送る雅歌

網野のぞみさんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

、横糸であれ、かまどでパンを食し、門のとばりは青糸、紫糸、青糸の織物にくわしく、また彫刻の術に巧みな残忍な人の計画は、ついに彼らを外に置いた戒めと、さだめと、律法もなかった時であった日数は七年のゆるしの年が多い時は、その怒りによって、わたしの上着をはぎ取った。エルサレムよ、美しい衣を着よ。さめて、いにしえのことを言えば、「これは封じてあるから読むことができませんから」。そこでエリヤは恐れて、その父ヒゼキヤがこわした高き所を築いて民に下るのを見させられない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる