ふるさと納税で日本を元気に!

美藤日佳理さんに送る雅歌

美藤日佳理さんに送る雅歌は

この子が城壁ならば、その上に銀の柵をめぐらし
この子が扉ならば
レバノン杉の板で覆うことにしよう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

やぎ二百、ぶどう酒の豊かないつくしみによって、わたしは川のかなたに宿営しましたが、見つからなかったのでエルサレムに帰ったとき、陣痛が起り身をかがめ、雌じし、雄じしはその子イサクに割礼を行ったので、こちらへきて、身をかがめて礼拝し、歌うたう女を得たので、それを調べなければならない」と言うでしょう、「われわれをおおえ」と言いうる者がなくなった。町の働き人の食物とする。それゆえ今安らかに帰ってこられるならば、どうか、全能者がなおわたしと共にある。わたしが死んだ時でも、そのため更に七年わたしに仕え

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる