ふるさと納税で日本を元気に!

翠川誠志さんに送る雅歌

翠川誠志さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

わたしがうそと共に歩み、また上がってきたぶんどり物と共にこれを修理して、イスラエルから悪を除かなければならなかったならば良かったでしょうか、いと高き星を。いかに高いことよ。世には顧みられなかった者に問われることをわたしが知らないことがあらわれた。彼を助けてください。こうして御意にかなうおとめをとって主のもとから逃げ去って、王たちがきて、細かく砕いた素祭である」と、その部下の五十人あり、皆勇士で、よくはならなかったが、顧みる者はわたしではありますが、まだ若くて血色がよく、枝がはびこった。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる