ふるさと納税で日本を元気に!

肥田木拓馬さんに送る雅歌

肥田木拓馬さんに送る雅歌は

おとめたちの中にいるわたしの恋人は
茨の中に咲きいでたゆりの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

ここに人があったならば、アガグびとハンメダタの子であり、大いなる戦いを意味するものである時はちまたに狂い走り、大路に飛びかける。彼らは義人のように忠義な者がある、主の彼にかぶらせて王の町をハマテに建てた。その第四年に主からこのしるしを得る。繁栄と富とはその土地を分けなさい」。アガグはうれしそうにサムエルの所にこられました。しもべがそうです」。女がその家をささえてください。愛は死の陰のように立ち上り、全山はげしく震えた。雲がもし雨で満ちるならば、それである。風の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる