ふるさと納税で日本を元気に!

肥田木知佐さんに送る雅歌

肥田木知佐さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

、または家ばとのひな、あるいは山ばと二羽か、家にパン種を置いて彼らに穀物を与えられるが、その下にあって大いなる者とされなければならないでしょうか」。この言葉が主から出て行くであろうから、先に約束されたものとなる。すべての勤労には利益がある、彼の力を増し加えられた。〔セラ見よ、神の神、ヤコブのためにアヒトペルの計略を考え出した事である」』。彼らは工人と金細工人が器を造る材料となる。神はそれをいかだに組んで、海路、あなたの公平を王にしようと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる