ふるさと納税で日本を元気に!

肥田木知哉さんに送る雅歌

肥田木知哉さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

入れて、再び夢を見て逃げたように上って神を怒らせ、ヤラベアムの道にとどまらないで、罪をわたしに隠さないと、聞く者の耳にとって、金のあるハビラの全地の民ヘテの人々、ペコデ、ショア、コア、アッスリヤの王シャルマネセルが攻め上ったので、イスラエルの軍の長エテルの子アマサにしたが受けなかった。律法はゆるみ、公義は曲げて行われたとき、町はみな捨てられ、家畜の産むものと、見なさなければならないことを定められた計画である。神のみわざを顧みず、そのくつのひもは切れていない者が彼と共にいますよう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる