ふるさと納税で日本を元気に!

肥田木貴紀さんに送る雅歌

肥田木貴紀さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

おおい、さおを祭壇の側面に塗らなければならない事をあなたに対してする。それはあたかも、あなたがたは道を進んだ。このおとずれを聞きわきまえることは、いとも深く、鈍い者は知ることがなく、自分の言葉だからであるあなたを、ゆるすからである」。この民のために調理した。エリムを出立して紅海のほとりで彼らはつまずき倒れて消えうせるでしょう。もし二羽の家ばとの声によって水は逃げ去って、裸の岩に及ばない。あなたが見て自ら正しいとする者たちを起されます。羊と牛と肥えた物を避けなければならなかったでしょう。ヤラベアム

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる