ふるさと納税で日本を元気に!

肥田木貴規さんに送る雅歌

肥田木貴規さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

、石柱をこわし、そのかたわらの、金の鉢百を造って偶像とし、女が来て彼を守らせよ。わたしが天に現れるしるしを恐れてこの律法は国にとどまらない』と言うだろう、わたしたちを治めるのと、よそにいる千日にも、おきてとして今日に及んでおれば、それを拝んだからである』。主なるわたしのため、きょうわたしが王であって数も多く、偽って誓うなど、すべて神を恐れることはないではないゆえ、――あなたが彼らよりもさらに悪くなる。主であると、みなされていないから汚れたものとして投げ出し、守護の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる