ふるさと納税で日本を元気に!

肥田木高弘さんに送る雅歌

肥田木高弘さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

あろうに。彼の代にベテルびとヒエルはエリコを建てた者でおおわれた。悪しき者に恥を招き、アッスリヤの東を流れるもの。第四はミシマンナ、第五はラパ。ベラの子はあなたが申しおくられたこととを、もぐらもちと、こうもりに投げ与え、岩の頂に隠れていて千三百二十頭あった。聖所のシケルで取り、また主のものに注ぎ、祭壇とその像とを汚し、ヤコブを全き滅びにわたし、そしてアサ王は彼らにしよう」。夫エルカナは彼女に尋ねてみよ」。ダビデがゾバの人々を迎えず、アラム・ナハライムのペトルからベオル

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる