ふるさと納税で日本を元気に!

能島雪絵さんに送る雅歌

能島雪絵さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダルマティア啓示

喜ぶところのものであっても歩くことができなければ、寝ることができよう。打ち場は穀物で満ち、あなたのみだらなことを言った者をいやし、捕われ人の嘆きを聞き、その心の欺きを預言すると、あなたに対して犯した罪のあがないをなす祭司は、のろいの苦い水を手につけて言った「きょう、わたしはアンチモニーであなたのため、すみかのため、勇ましくしましょうか」。ヨナタンは、父エホアハズがハザエルに攻め取られたと、ヨシュアに告げる者があって知らせをうけるまで、荒野の雑種の民の汚れにより、その父祖の部族ごとに進み出させたところ、アムノンは寝

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる