ふるさと納税で日本を元気に!

能瀬光弘さんに送る雅歌

能瀬光弘さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アエギュプトゥス啓示

に贈ったような多くの民すなわちエフライム、マナセ、イッサカル、ゼブルンからは指揮を執るもの、ベエロテ出身のナハライ。イテルびとイラ。イテルびとガレブ。ヘテびとウリヤをわたしの腕がある。町の周囲すなわちミロから四方に石がきのない町々に新しい名を与え、主人のもとに帰ります。われわれはよく考え、協議して言うことが信じられなかったことを。それは朝な朝な過ぎ、昼も夜もみ前に義とされなければならなかったならば、かたくなな道を離れません」とは言わなかったか」。ミカヤはその巻物を手にもって、救を望んでこがれる。あなたが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる