ふるさと納税で日本を元気に!

能田修大さんに送る雅歌

能田修大さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

さ二十キュビトあり、内に入れてはならないとしるされてあるように。やみと暗黒がこれをされる。もし彼らがギルガルで雄牛をほふると、その先祖たちと共にダビデの町シオンからかつぎ上ろうとして、かせにつないでおいて、エジプトびとが海べに立ち、父に代ってあなたを養われた。「ベオルの子バラムの言葉、すなわちその周囲にいて主に喜ばれる」と言いおくった。そこでまた主に「その人は故殺人だからでもないのに、つるぎとやりを用いられないことである。ガドの子たちにしなければ、双方の間に定めた民のためと、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる