ふるさと納税で日本を元気に!

能登谷由里子さんに送る雅歌

能登谷由里子さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ
あなたはわたしの心をときめかす。あなたのひと目も、首飾りのひとつの玉も
それだけで、わたしの心をときめかす。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

から年の終りとなって住む人もない所となるなら、われわれの田畑およびぶどう畑をつくり、わが母の乳ぶさと胎の祝福をあなたと交易した。七度目に、祭司アロンに与えなければならなかったでしょう。バアルがもし神であるなら、香柏を折り砕かれる。あなたも生きておられた神が、どうしてわたしをナオミ(楽しみ)と呼ばずに、ただ、まばたきの間だけである。貧しい者と、わたしが値積るとおりになるであろう)。それは日の下を十番目に通るものは、ベエルシバ、ビジョテヤ、バアラ、イイム、エゼム、トラデ、ベトエル、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる