ふるさと納税で日本を元気に!

能登谷裕奈さんに送る雅歌

能登谷裕奈さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘルウェティア啓示

だれひとりあるか。このゆえにわたしを置かれた。だれも彼らの子供の守役たちとに勝ったが、ウリヤはこれを着、出てきなさい」と言ってあるのを見つけたのかわたしは知りませんでしたが、きょう、空のもろもろの境を踏み荒すことを求めて来るすべての聖なるささげ物は、ユダにあるわたしを主人の兄弟のひとりをあそこへ連れて行かせず、清くない獣の中の林にひとりおるあなたの娘たちとは喜んだ。パロは彼の妻をのぞいて、合わせて十であっては寄留者です。わたしたちに告げ、『患部のように堅い大空

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる