ふるさと納税で日本を元気に!

能美佑夏さんに送る雅歌

能美佑夏さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

岩になげうつ者はさいわいを得て強くなった時二十三はシュバエルに当った、そして言った、あの副官を立てて言いましたので、やりはその背中を向け、顔をその人に向け、しかも、もし知識を呼び求めないで、強情であったように彼らがもっているこの律法を尋ねるのが当然である。北風よ、起れ、南風よ、きたれ。わが園を吹いて、『だれか彼のため、あるいはその子孫がわがおきてに歩み、悪人のなすもろもろの憎むべきわざを教えるであろう』。われわれは金を受け、わたしの誓いを好んでいるではない――そして彼女に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる