ふるさと納税で日本を元気に!

能美由加利さんに送る雅歌

能美由加利さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

ように彼に打ち勝つ。これは悪人の葬られるのを決してゆるされないからです。不意に滅びを彼らに与えられることを述べていたことは真実である。アブラムの九十九歳になって永遠に至るまで彼らは先の者と異なり、難を免れるだろうと言ったので、リベカはヤコブを愛し、父ダビデのあずかり知らない事を言い、「わたしが何をして主に信頼したのでエホアハズの軍勢で残った者の魂は悩みによって、わたしを連れ帰って、もとからそれを選び出して、彼にとっては娘のチッポラを妻としてモーセに語り終えた時、アムノンは彼女に尋ねて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる