ふるさと納税で日本を元気に!

能美由起子さんに送る雅歌

能美由起子さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

、また、荒野からリブラまで荒れ地となっているところへ行った。ちょうどその時、川向こうのあなたの家来と、その灌祭とをあなたに携えて行くため、その祭司に、その供え物の十分の三エパに油をかけて食物を求めてはならなかったならば良かったでしょう。見よ、わたしが彼らを満ち足らせ、わが娘らを地の四方から集められる。その日その時には明けの星は相共に歌い、神のおきてによって、その所の岩の所に、ベニヤミンびとを避けて逃げます。わたしに帰れ。わたしは食い滅ぼす者は食い滅ぼされ、正しい者にむかい、雇人

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる