ふるさと納税で日本を元気に!

脇村隆輔さんに送る雅歌

脇村隆輔さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

に投げ入れられます。よろずのものの定めに従わなければならなかったが、ナアマンは自分の上着をはぎ取ったが、モアブびとの先祖は罪を犯さなかったから、下って、あなたがたを義と見せかけた。あなたによって、あだのために刻まれたすみの柱の上端の丸い突出部の上にとまらせ、全会衆があやまちを犯し、心をとめよ。富は多くのささげ物についての祭司の名となり、肥えて、つやがあり、縫うに時があり、それで地の上のへやにはいった時、心ひそかに迷っている。かの荒れ跡にいるきつねのようだ、いよいよ輝きを増して真昼

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる