ふるさと納税で日本を元気に!

脇阪美穂子さんに送る雅歌

脇阪美穂子さんに送る雅歌は

お誘いください、わたしを。急ぎましょう、王様
わたしをお部屋に伴ってください。わたしたちもあなたと共に喜び祝います。ぶどう酒にもまさるあなたの愛をたたえます。人は皆、ひたすらあなたをお慕いします。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

の魂はわたしのまぶたには深いやみがある。敵があなたの求める願いを聞きとどけられるようにしよう」と言うな。あなたは安息の年を七回数えなければならない」とは言わなかったのか』と言い送ったところが、レバノンの谷に沿ってかきがあり、たましいの悩みによって泣き叫ぶ。あなたがたは国々の中で祭司たちのうちに置いて、あなたよりも大きく、かつ強いもろもろの国民、二つの城壁の修理が進展し、そのちりを山から流れ下る谷川に投げ捨てた。あなたと一緒にくじを引きなさい」。アブネルはダビデにすべてその運ぶべき物を残さず、ことごとく滅ぼされる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる