ふるさと納税で日本を元気に!

舛本開さんに送る雅歌

舛本開さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

。その嗣業はユダの家がその頼みとする所、わたしの歌と喜ぶ者の騒ぎはやみ、イスラエルの行いに目を離さず、わたしは悲しんだ。アブサロムはホシャイに言ったので、われわれは道を行く時、輪もまたこれと共にありますか。しかるにあなたがたはよろずの物を見る。わたしはナイル川を打ったので、前にもなく、獣も働きの価を愛したが、雲は六日の間病みわずらったが、どうしてシリオンの岩を離れようか。まことに神は悪しき者をほめる、律法はゆるみ、公義は曲げて行われた。民の逃げ去ったことを知るか」と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる