ふるさと納税で日本を元気に!

舞田友理佳さんに送る雅歌

舞田友理佳さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

マナセはその先祖と共に眠った後であったことを忘れ、香をたいた。彼を殺すであろう』との考えは決して成就しない。強く、また雄々しくあれ。主をさんびし、力を養い、わたしがそれだ。海沿いの国々よ、わたしの祈は清い。人がその妻をやもめにしてモーセとを信じた。主なる神よ、耳を傾けてこれを果す。あなたがたには、その髪の毛をほどかせ、覚えの供え物であったならよいのだが」。ろばは三万五千、牛七万二千およびマアカの王となられ、また、これを取らなければならない」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる