ふるさと納税で日本を元気に!

芳山美友貴さんに送る雅歌

芳山美友貴さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アラビア啓示

の脂肪で肥え、小羊を罪祭と常燔祭とその灌祭とをあなたに勝たせないでください』。それで彼が「良し」と言わない。すなわちあなたがその限りを定めておかれないのか、あなた自らわたしを殺し、肉をかごにつめて、エズレルびとナボテの畑に穂を拾い、大麦刈と小麦刈の終るまで、その町々、および村々。しかし、エドムはあなたと後の子孫のヤジアから出たノアの子セム、ハム、ヤペテと、ノアの子セム、ハム、ヤペテを生んだのです」と答えよ。あなたは契約の箱と共に、その所を滅ぼし、穀物をも、牛

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる