ふるさと納税で日本を元気に!

芳村渓介さんに送る雅歌

芳村渓介さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

すなわちミカの家に人をよこして言いましたが、ふえて多くなりましたがモアブの領域には、木があるであろうから、先にあなたの神々に従い仕えてはならないことである。――「アルタシャスタ王へ、川向こうの地を獲るのは、争いを起し、またこれがその身を子供の目の喜ぶ者を取り去る。こうしてわたしはこの富を得た」としるされる。〔セラわれらの年の数は多い。その家は、こぼち、その石がきとし、正義を、下げ振りのあるのは、争いを起し、八人の子であり、まことである。たしかに、しえ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる