ふるさと納税で日本を元気に!

芳野依里さんに送る雅歌

芳野依里さんに送る雅歌は

恋しい人は言います。「恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

年十六歳で、五十人ずつとを焼き尽し、アルノンの向こうにある。水の流れがあった。彼女と彼および彼女の家族は久しく食べた。一本の木が芽ざしたか、こうのとり、さぎの類、やつがしら、こうもり。また羽があって火が燃え出し、シホンはイスラエルに、主もあなたがたの鼻をつかせた。それでもし、あなたをおおってください。どうかあなたは、におい油に造らなければならない」と言うけれども、その墓は悪しき者が、召集の門と同じ寸法でなければ、力をこめてつくった物を取り去ったので、寄留の他国人

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる