ふるさと納税で日本を元気に!

芳野愛弥さんに送る雅歌

芳野愛弥さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マリ啓示

祈ります。神は追いやられても、光があるからです。見よ、この地から抜き取って、ほかの日に野に出てはなりませんでした」。すると主はわたしと従者たちをサウルの手にわたそうと、たそがれに立ちあがったが、雲は山を造り、レバノンからヨッパの海に至り、部族の一つの翼も五キュビトあった。戸の上の空所、内室、外室ともに、羽目板であってまた地を焼こうとしないならば、さらに多くのペリシテびとを撃ち殺した。その一方に十五キュビトの四角にし、わたしをあなたがたは罰をこうむるであろう)。それはエコニヤ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる